ピースボート日中共同クルーズの実態!中国人が雰囲気をぶち壊しに!

夢の世界一周クルーズがぶち壊し!マナーの悪い中国人とピースボート世界一周・日中共同クルーズの実態と起こった問題を公表します。

では中国からの乗船者を受け入れを初め、マナーが悪化し船内生活の快適さが下がりました。

中国人はとにかくウルサイ

中国語は元々ウルサイ言語で「ウルサイのは仕方がない事」だと分かっていて異文化でも理解していこうという姿勢で中国人と接していましたが、長期間の船旅では我慢が限界に達しました・・・

中国人は公共スペースに集合し、烏合の衆にスピーカーを付けたかのように大声で騒ぎまくるのでとてもうるさく、その様子がとても耳障りでした。

館内放送も中国語で流れますが、英語・日本語に比べると耳障りで、中国語が聞こえる度に「イラッ」とするようになりました。

部屋に居てもウルサイ中国語が耳に入ってくるのは本当に苦痛でストレスでした。

マナーが悪くて図々しい

中国人は世界的にみてもマナーが悪く世界の国々で批判の的になっていますが、ピースボートでも例外ではなく、

本当に図々しくてマナーが悪いのでキレました。

マナー違反の一例は、

  • デッキから海にツバを吐く
  • 場所取り禁止なのに無理矢理場所を取る

等で、

こんな経験がありました、

真剣に写真撮影をしているにも関わらず、「自分の写真を撮ってくれ」と無理矢理に言う中国人が居て、私の写真撮影の邪魔をしました。

中国人の迷惑行為が発生したイベント

彼は他の日本人からも迷惑がられていて、人の都合を考えない典型的な自己中で、日本人からは、

「不細工なくせに自分の写真を残してどうするの?」

「同じような写真を何枚も撮ってバカみたい」

と言われていて、評判は最悪でした。

部屋からの異臭問題

中国人は周りの迷惑を考えない人種なので、平気で迷惑をかけます。

異臭問題はその典型例で、中国人の部屋からは動物系の臭いをきつくしたようなお香か何かの臭いが外まで漂い、

通行する人は「臭い・一体何の臭い」と困惑し、クレームが発生しました。

臭い中国人の部屋を担当する掃除スタッフは、その部屋から出てくると涙目になっており、キャビンの中は想像を絶する臭いだと推測されます・・・

恥じらいを知らない中国人は、キャビンの扉を常に開けっ放しにしており、そのせいで余計に異臭が拡散しました・・・

本当に迷惑です・・・

日本VS中国!ついに暴力事件に発展

中国人はこのような感じの人が多いので、日本人の中には中国人を嫌っている方も多く、その事がきっかけとなって、日本人男性が中国人女性を殴るという暴力事件に発展しました。

その結果、彼はクルーズ開始29日目にモザンビークで強制下船となり、その後のクルーズや寄港地を楽しむ事ができなくなりました。

暴力はいけませんが、彼が中国人を嫌う理由やイライラを理解する事ができるので、彼の気持ちも分からなくはありません。

中国VS日本!日本人客が強制下船に!ピースボートトラブルの事情聴取と強制下船の様子

中国人との共同クルーズは絶対避けるべき

中国春節飾り

他の国の人々と比べても中国人のマナーは悪く声がうるさいので、落ち着いたクルーズライフを満喫しようにも近くに中国人居ると台無しになります。

そんな中国人に対して不満が続出し、余計なトラブルも発生するので、面倒を避けるためにもクルーズを選ぶ前に

「中国人はどれくらい居るのか」「中国人と一緒ではないクルーズ希望」

と言っておく事をおすすめします。