ピースボートの洗脳を体験|実態は?

ピースボートは表向きではセンタ内での宗教活動は禁止とされ、ピースボート自体も宗教団体では無い事になってます。

しかし、ボランティアスタッフの一部や専属スタッフの多くは、ピースボートを熱狂的に支持していると感じました。

この団体に何年も関わっていますが、一般論ではどう考えても理解できない事が結構な割合で起こり、最近も「ちょっと怖いな・・・」という事が起こりました。

ピースボートの洗脳を体験

まずは、洗脳にありがちな価値観の押しつけ

当ブログの管理人は、ピースボートを利用する理由について「移動手段」と別のブログに書いており、

ピースボートを利用する理由は純粋に、

「100万以上かかる南極旅行・マチュピチュ・イースター島に99万円で行ってみたい」

という理由でした。

ピースボートのスタッフの一人は「移動手段」という言葉が気に入らず激怒し、いちゃもんを付けてきました。

これは、ピースボートのスタッフから「寄港地は途中からどうでも良くなり船内生活が一番楽しい」と何度か聞いた事があり、多分彼も同じ考え方なのでしょう。

しかし、自分の価値観と違うと文句を付けるのはどうかと思います。

船内生活を楽しもうと、寄港地を楽しもうと、外国人との交流を楽しもうとそれは人それぞれ違って当然です・・・

管理人は、寄港地や船内の外国人クルーとの英会話が楽しみなのに、激怒されたり、クルーとの英会話が楽しみな事に対してバカにされたりしました。

一般的な旅行は、行く国が楽しみなのであって「飛行機の中・船の中・バスの中」はあまり楽しみではないと思います・・・

自分の信じていた物と違うと激怒し、価値観を押し付け、違う事を馬鹿にするのは洗脳されているからだと感じました。

広い世界を見ず「自分たちが最高」と信じ込む様子が見られた

ピースボートと飛鳥Ⅱのレビューをしていて、公正な視点から付けた点数が気に入らず、ピースボートセンターの男性職員に激怒されました。

その内容はとんでもない物で、

文章をろくに読んでいない事が丸分かりな上に、点数に関する基準も全く聞かずに一方的に、

「○○は偏っている」

と決めつけてきました。(実際は自分たちが偏っていて、他の価値観を認めないと感じた)

管理人は、

・業務スーパー9円うどん~京都の有名料亭複数回の食に関する経験
・1泊500円の安宿~日本のホテルの最高峰「帝国ホテル」の宿泊経験
・途上国ホームステイ・短期語学留学・フランス暮らした経験
からピースボートを評価し、当初は37点を付けていました。
37点という点数を付けた理由は、日本人スタッフの対応が本当に酷く、船内や見学会では何度も激怒する事があったり、ので「0点を付けたから」で、日本人スタッフの対応が良ければ関連項目の点数も落ちず、45~50点の点数が付いていたと思います。

夜の8時の非常識な時間帯の迷惑な長電話も悪いと思っていない

日本人スタッフに0点を付けた理由は、「無神経な対応」「自分勝手な対応」「非常識な行為」が重なりに重なった結果の事で、その事を説明しても全く理解していない様子でした。

%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%88%e8%bf%b7%e6%83%91

夜遅くの迷惑電話の証拠画像

一歩も引かず最後は否定されたら激怒

ピースボート職員「全員が悪い訳では無い」「0点は偏りすぎ」

管理人:「不利益を一方的に押し付けるピースボートのサービス・非常識はどう考えても0点」「今のあなたが証明している」

のような会話が延々と続き、「これは何を言っても無駄」と感じました。

終始激怒していましたが、最後はこっちも激怒する事になり、更にピースボートの印象が悪くなりました。

その後どうなったか?

彼との会話は本当に無意味で、彼と関わる事は「時間の無駄」と感じました。

ピースボートの職員は、現地オプショナルツアーの添乗員になり、このような配慮に欠ける職員が添乗員を務めるオプショナルツアーは無価値でお金の無駄と感じたので、

ジャパングレイスの担当者にツアーキャンセルのメールを入れました。

●●様
いつもお世話になっております。
貴社の対応がとても悪かったため、●●様へのWEB作成の方法をお教えするのは控えさせて頂きます。
また、オプショナルツアーに関しましても、あまり興味が無くなったため幾つかキャンセルさせて頂きますが、よろしいでしょうか。
お手数ですが、宜しくお願い致します。
管理人

WEB作成の方法を無料で教える事になっていましたが、関わりたくないと思ってやめました。

まとめ

洗脳されると、「団体が一番」「自分だけが一番」「批判は許さん」「他の考えは受け入れない」のようになるのだな。

という事を実感しました。

「洗脳の怖さ」を再確認する事ができ、「気を付けよう」と思えたのでこの経験はとても貴重でした。悪い経験でしたが学ぶ事も多く、経験できた事には感謝しています。