ピースボートの海外旅行保険|補償内容とぼったくり的な値段は??

世界一周のピースボートの海外旅行保険の補償内容とぼったくり的な保険の料金設定の解説。ピースボート保険の節約方法もお伝えします。

ピースボート海外旅行保険高い
病気での自己負担額5000円がかかり、この値段設定は、ぼったくり的な異常さ・・・こんな保険今までに見た事がありません・・・

ピースボート海外旅行保険値段表

ピースボート海外旅行保険は最低でも58,000円という高額の保険料で、年々上がり続けています。

補償額もカナリ低く、病院に行くと一律で自己負担5000円が取られる、ピースボートの海外旅行保険は意味の分からないぼったくり的な補償内容です・・・

保険

旅行企画会社ジャパングレイスのと保険会社の提携した世界一周旅行専用の海外旅行保険の料金です。

年々値段は上がり続け、2年前はJG2で49,000でしたが、今は61,000円に値段は上がりました。

49,000円という価格を前回の世界一周旅行で払いましたが、全く病院に行かなかったのでもったいなかったと思います・・・

ピースボートとクレジットカードの海外旅行保険比較!

ピースボート海外旅行保険は値段は高いのに、クレジットカードに負けています。

そこで、どんなにピースボート海外旅行保険が劣っているか比較してみました!!

まずはピースボートの海外旅行保険

ピースボート海外旅行保険高い

保険会社と提携した保険で、ピースボートの海外旅行保険は料金が高い割には超イマイチな補償内容になっています。

どのような点がイマイチかと言うと、

病気やケガをして船の診察室で診察を受ける際は、保険に入っていても無料ではなく5000円を払わなければなりません。(一般的な海外旅行保険ではあり得ない)

ピースボートと提携しているので煩雑な手続きはありませんが、格安世界一周旅行をする人にとっては痛い出費です。

ピースボートの場合は、病気で船内の診療室や病院に行くと5000円の自己負担が発生します!!

次は、三井住友ゴールドカード

三井住友ゴールドカード海外

海外旅行保険で重要な項目を抜粋しての比較

後遺障害死亡:ピースボート200万・三井住友ゴールドカードは自動付帯でも1000万 ×負け

疾病治療:ピースボート200万・三井住友ゴールドカード300万 ×負け

障害治療費用:ピースボート500万・三井住友ゴールドカード300万

携行品損害:ピースボート20万・三井住友ゴールドカード50万 ×負け

救援者費用:ピースボート800万・三井住友ゴールドカード500万

ピースボートの海外旅行保険はクレジットカード付帯がお得な理由

船内サービスの支払いのためにクレジットカードを持つ事が必要で、クレジットカードを持っていない人には「クレジットカードを作るように」との案内があります。

そのため、クレジットカードを持っていない人はクレジットカードを作る事になるのですが、

クレジットカードには海外旅行保険が付帯されている物が多く、カードによっては海外旅行保険が必要では無くなる程の補償内容になります。

つまり、旅行に必要なカードを作ったら、高い旅行保険に加入する必要が無くなるという事です!

私の場合は?

私は、三井住友ゴールドカードと楽天プレミアムカードを持っていますが、年会費2枚の合計は、1万5千円程度で、

プライオリティーパスがあるので空港ラウンジが利用し放題で、その他のハイランクなゴールドカードのサービスも受けまくっています。

ゴールドカードを使いまくった体験談

クレジットカード付帯の海外旅行保険を実際に使用した体験談

マレー半島を縦断旅行の際に、クレジットカードのキャッシュレスサービス(窓口支払い0円)でタイの病院を受診した、体験談と手続きを下のリンクで紹介しています。

1.クレジットカード海外旅行保険を使用した体験談

2.クレジットカード海外旅行保険の使用方法と手続き

%e6%b5%b7%e5%a4%96%e6%97%85%e8%a1%8c%e4%bf%9d%e9%99%ba%e8%96%ac

タイバンコクで病院を受診した際にもらった薬

まとめ

クレジットカードの付帯保険と比較してもピースボートの海外旅行保険は、ぼったくりな価格設定&補償内容で、風邪を引いたりして病院を受診する場合でも1回の受診につき5000円を請求されるという、海外旅行保険としてはあり得ない補償内容となっております。

約6万円もの費用を払っても、年会費4,000円~のクレジットカードに負ける補償内容で、保険以外のサービスは何も付きません・・・

ピースボートの海外旅行保険に無駄な費用をかけるのは本気で無駄だと感じたので、私は楽天プレミアム・三井住友ゴールドカードとリクルートカードの3枚を併用して費用を浮かせました。

クレジットカードを複数作成すれば、治療費用・救援者費用は合算する事ができ、

※注意:自動付帯の楽天プレミアムカードと利用付帯のリクルートカードを併用しなければ90日を超える補償期間を得る事はできません。

保険期間を90日以上にする方法はこちら

カードを利用した体験談はこちら

300万円+300万円なら600万円

という感じにカードの枚数を増やせば海外旅行保険に負けない補償金額を手に入れる事ができます。(クレジットカードの条件による)

海外旅行保険は保険だけですが、クレジットカードは保険以外の便利なサービスもセットになっていて、

便利で、お得に海外旅行をするならクレジットカードを作っておく事をお勧めです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Haruna Nakano より:

    はじめまして。ピースボートでの旅行を決め、海外旅行保険を検索していてこちらにたどり着きました。詳細を調べるにあたって、こちらに記載してある情報ですと保険適用がなされないようなので他の方の参考までにコメントとして残させていただきます。
    クレジットカードに付帯する海外旅行保険の多くは、そもそもの補償期間が3か月となっており、こちらに記載してある楽天プレミアムカード、三井住友カードとも旅行適用期間は同様でした。100日前後のピースボートの旅行には補償期間が足りず、適用されないようです。この記事を書かれた方は保険を使用するような状況にならなかったので良かったと思います。そして、ピースボートが推奨する旅行保険が高額というのは私も同感ですので、3ヶ月以上の補償期間がある保険を自分で探して申し込むつもりです。

    • 自由人 より:

      確かに90日を超える保険期間の場合はクレジットカードの保険は適応されません。

      そのため、2枚のクレジットカードを併用する必要があり、この方法で世界一周の保険をカバーし実際に利用しました。

      方法と体験談を記載しましたのでご覧ください。

      保険期間を90日以上にする方法はこちら

      カードを利用した体験談はこちら

      • Haruna より:

        自由人さん、貴重な経験談に基づいた情報ありがとうございました。たいへん勉強になりました!6万円の掛捨て保険はかなり痛いので教えていただいた内容をしっかり読み込み、申し込みたいと思います。