ピースボート相部屋トラブルの内容|汚部屋を大公開!

ピースボート4人部屋での同室者とのトラブルの体験談やどんな人が同室者でどんな事が起こったのかを説明します。

ピースボート4人部屋トラブルー

ピースボートで相部屋を選ぶと「初めにルールを決めておく事」とピースボートの運営者からのアドバイスがあり、もちろん私の部屋でもルールを決めました。

相部屋のルールは?

  • 夜24時~朝6時まで消灯
  • 部屋に友達を入れない
  • シャワーは早い者の順

のように超簡単なルールでした。

しかし、こんな最低限のルールを守る事ができず、ルールを勝手に拡大解釈する超自己中な人と同室者になり大変迷惑しました。

その結果、ピースボートの相部屋はこうなりました・・・・・

%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%88%e9%83%a8%e5%b1%8b

世界一周客船のキャビンが一気にスラムに変貌・・・

隣の部屋は綺麗なのに、非常識で自己中なガサツな住人のせいでこんなに汚くなりました(涙)

Kさんのベッド

ピースボート相部屋トラブル (4)
下のベッドの方はKさんの「衣類に顔が当たるので嫌だ、自分のスペースに入れて欲しい」と言っていました。

自分もベッドの上は散らかしていたので人の事を言う資格はあるか分かりませんが、ベッドを散らかしすぎて他の人のスペースにまで物を溢れさせるのは、ダメだと思います。

%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%94%e4%ba%ba%e9%83%a8%e5%b1%8b

ベッドの上はこんな状態で、大量の物を持ってきたせいで自分の物入れに収まりきらず衣装ケースをベッドの上に置いていて、それでもまだ溢れるのでこんな状態になっています。

ピースボート相部屋トラブル (1)

「こんなに大量の荷物を4人部屋に持ってきたらどうなるのか?」を想像する能力に欠け、多すぎる物で他人のスペースを奪う配慮の無さに呆れました。

Kさんの私物

img_0102

靴と帽子が床の上にごちゃごちゃに置かれています。

頭にかぶる帽子と、どこかでウンチを踏んだかもしれない靴を一緒に、床に放置する神経はどうかしていると思います・・・

公共スペース

Kさんは自己中で思いやりが無いので、「共用場所は自分の場所」と思っているのか自分の物で共用場所の部屋で唯一の机と椅子を占領していました。

ピースボート相部屋トラブル (2)

4人部屋に椅子は一つしか無く、これでは他の3人が座れませんし、

机の上に物を放置したままなのでスペースが狭くなり使う時に不便でした。

ピースボート相部屋トラブル (3)

テレビの下は一応、共用場所だと思いますが、相談も無しに彼女の大量の荷物が押し込まれていました。同じ料金を払っているのに自分だけは多くスペースを占有して少し不公平だとクルーズの初めから思っていました。

それに、相部屋は部屋はゴミ箱ではありません・・・

ピースボートでトラブルを起こす迷惑な同室者ってどんな人?

ピースボートこんな絶対嫌だランキングで紹介したKちゃんという方で、その人は、
ピースボートこんな同室者は嫌だ!【ワースト5】を参考

ガサツ

夜中で寝ている人が多いにも関わらず「バタン」と力いっぱいドアを閉め、大きな音で何度も起こされました。

自己中

人の物を借りて「返して」と催促されても「また今度」と返答するような人で、室外でも「人の物も自分の物と思っているのじゃないか?」と陰口を言われているのを聞いた事があります。

自分の事ができない

洗濯もまともにできないため、洗濯物がびちゃびちゃで水が滴り、干す所も考えないため、Kさんのベチャベチャパンツが顔にヒットして嫌な気持ちになりました。

気配りができない

上記の事とかぶります。

人の意見を聞かない

勝手に照明器具を持ち込み相談も無しに夜中付けていたため、もう一人の同室者と私は眠れず困りました。それとドアの騒音に対して「やめて欲しい」と2人で言っても全く意見を聞き入れませんでした。ガサツさについても2人から注意をされているにも関わらずガサツである事を認識しませんでした。

謝らない

このように迷惑をかけまくっているにも関わらす「困っている」「迷惑だ」と言われても全く謝りませんでした。この時はKの自己中さに心底呆れました。

と言うように、共同生活をするのに向いていないだけではなく人間としても最低な方で非常に困りました。。

ピースボート相部屋トラブルは、結局はどうなったか

自己中で人の意見を聞かない彼女は「もうどうしようもない・・・」と諦め、もう一人の同室者と私は悪くも無いのに謝り(表面上謝っているだけで本心は違う)お願いするような形で最低限の要求を聞いてもらう事には成功しました。

最悪なKさんでしたが、Kさんから学ぶ事も多く「こうならなくて良かった」「自分もこうならないように気を付けよう」と自分を見つめ直すきっかけになりました。

序盤はすごく怒っていましたが、中盤以降は「ダメな年上の見本」として彼女を観察し、この経験から貴重な経験を学ぶ事ができました。

93回ではこのような方と同室になりたくありませんが、Kさんと同室になった事は良かったと思います。

Kさん、色々な事を教えてくれてありがとう。感謝しています。

2017年8月追記

因みに、93回のピースボートクルーズでは、人間的に尊敬できるしっかりとした方々と同室になる事ができ、楽しく過ごす事ができました。

部屋のメンバー4人で行ったすき焼きパーティー

84回は大喧嘩でしたが、93回は船内でも帰国後も仲良くして頂き、相部屋のメンバーによって旅の質は大きく変わる事がわかりました。

なお、この記事は、「多くの人が快適に船内生活ができる」という公益を図る目的で制作しました。